そばつゆへのこだわり 羅臼の根昆布、岩手産干し椎茸、鹿児島県枕崎で、一本釣りしたかつおを昔ながらの方法で作った本節を仕入れ、
当店にて天日干しを繰り返しながら2~3年かけて作った本枯節を使用しております。
この本枯節の特徴は、時間をかけて作ることにより、鰹節についた「カビ(菌糸)」が魚にある油分を平均化、もしくは中和させる働きをするばかりでなく、天日干しにより除々に乾燥し旨味を凝縮します。 知床半島羅臼沿岸で採取されたものは羅臼昆布として知られていますが、別名「オニコンブ」とも呼ばれ、利尻昆布、真昆布と共に「昆布の王様」と言われています。 この本枯節で取った「そばつゆ」は、油は浮かず茶褐色に澄んだ「コク」のある出汁となります。もちろん当店では科学調味料は一切使用しておりません。